ごあいさつ

「おかげさまで創業から半世紀を超えました。」

のむら産業には、包装資材事業と包装機械事業の二つの大きな柱があります。
1959年(昭和34年)の創業以来、この二つの柱を軸にお米の業界と共に歩み続け、皆様に支えられて今日を迎えました。

包装資材事業では、1966年(昭和41年)に日本で初めてお米の袋の規格統一化を実現しました。現在、スーパー等のお米売り場で目にする「米袋」は、のむら産業から生まれました。この統一化によって、生産・流通・販売の合理化と省力化につながり、皆様の豊かな暮らしに役立てられています。

包装機械事業は、お米の業界における自動計量包装機のリーディングカンパニーとして、精米工場の効率化と使う人の立場に立った機械の開発を目指してまいりました。高い次元で機能・性能・信頼性・使い易さを実現した、多彩な自動計量包装機(パッカーシリーズ)は、国内はもとより海外の精米工場でもご利用いただいております。

これからも、安全と使い易さ、省エネなど環境に配慮した、素材や新しいパッケージの形態の提案、機械の開発を推進してまいります。

のむら産業は、創業から半世紀を超え、今後さらに成長していくため、お米の業界で培った包装資材、包装機械のノウハウを生かし、新たな市場へ社員一丸となってチャレンジしていく所存でおります。


代表取締役社長
 清川 悦男